Music Liberation Front

Best Albums of 2009

[洋]
1.The Pains Of Being Pure At Heart / The Pains Of Being Pure At Heart
2.Pocketbooks / Flight Paths
3.God Help The Girl / God Help The Girl
4.Echo & The Bunnymen / The Fountain
5.The Fauns / The Fauns
6.Cornershop / Judy Sucks a Lemon for Breakfast
7.Yo La Tengo / Popular Songs
8.Lacrosse / Bandages for the Heart
9.Wilco / Wilco (The Album)
10.Camera Obscura / My Maudlin Career

[邦]
1.Minuano / Love Logic
2.□□□(クチロロ) / everyday is a symphony
3.ハナレグミ / あいのわ
4.Sucrette / Bon voyage
5.相対性理論 / ハイファイ新書

[YouTube]

2009年ベストはもう迷う事無くPOBPAHのデビューアルバム。全編甘酸っぱくてキラキラなド直球インディー・ポップ。アルバム出る前から気になってたんだけども、最初にYouTubeで見たのがこのバンド名にしてこんな初々しい感じでたまらんですな。もう一つ忘れちゃいけないのがPocketbooks。こっちは歪まない部門のベスト・インディー・ポップ、ベルセバ直系の瑞々しいサウンド、カジヒデジも絶賛。あとエコバニの4年ぶりアルバムが随分ポップな仕上がりで。昔からのファンにとっては違うのかもしれないけど、僕などは特に思い入れがないので、これは全然OK。邦楽部門ではLampの榊原香保里をボーカルに迎えた尾方伯郎のユニット、「Minuano」が素敵です。

Song of the Day